FC2ブログ

えぴそーど15 ダメだこいつ(ry

月羽「なんか……早いね?」
ルーネ「特におもしろいネタがあるわけではないらしい」
月羽「じゃあ何で……」
ルーネ「気分転換だって」
月羽「なるほど」
ルーネ「というわけで本日のイリスカード」

「夢を見るアリス」2010_8_6
セット位置:胸
属性:なし
リリースアビリティ(アセンブル無し)
  トップブリーダーの心得 6


ルーネ「というわけで管理人さん的ECOキャラランキング1位のアリスです」
月羽「不思議な子だよねー。ゆめみのたびびと2話をやった後だと色々と薄ら寒い不安も……」
ルーネ「ゲーム内のイベントでは、オーベルをプレイヤーキャラが叱ってたけど、管理人さん的には裏で協力とかしてみたいらしい」
月羽「悪徳記者が二人……」
ルーネ「肝心のアリスですが、盲目の少女で、さらに何か重い病を患っているそうです」
月羽「でも詳細不明、原因不明で、楽しくしてれば問題ない、っていう不可思議な病気なんだよねー」
ルーネ「病気で家を出られない事以外は、冒険者の冒険談を聞いたり家人と仲良くしたりして楽しく過ごす一見普通の少女。そんな普通じゃない彼女の秘密とは――」
月羽「そのストーリーが、管理人さん的1位の一番の理由だよね」
ルーネ「容姿ではティタ>アリスらしいからね。なんだかんだでティタもストーリー深いから、この二人は入れ替わってもいいくらい僅差らしいけど」
月羽「じゃあ同率1位とかじゃダメなのかな?」


SO☆RE☆DA!!
というわけで勢いあるうちにハイペース更新。あんまりハイペースでもないけど。
前回もそうでしたが、画像サイズ調整ややミスってます。
先にルーネが言った通り、特別なネタとかはありません。
要するにいつも通りですね。


帰宅
ミルフィ「ああミナファ様お帰りなさいませ!! こうしてまたのんびりとお話出来る日を長いこと心待ちにしてきました!!」
フラウ「出番的な意味でかな」
ミナファ「まあ、メンテ終わるまでの休憩だけどね……」
フラウ「で、今は私も留守番してるから知らないわけだけど、どんな感じなの?」
ミナファ「えーっとね……」

急上昇

ミナファ「今日はこれからだから、8月5日まででこんな感じ」
フラウ「えーと、1日ノルマ30%で30日当日から数えて7日経ってるからノルマ通りなら……」
メイ「210%、LV106の10%やな」
フラウ「若干少ない?」
ミナファ「ううっ、頑張ってるんだから大目に見てよぅ」
ミルフィ「そうですよっ! ミナファ様は身を粉にして頑張っているのですから少しと言わず多大なる賞賛を得るべきなのです」
フラウ「でもノルマ通りにやってギリギリだから危ないんじゃ……」
ミナファ「ああ。その点なら大丈夫」
フラウ「え?」

※ごく一部です

ミナファ「こいつがある」
フラウ「待て」
ミナファ「ちなみにあと36個ほど追加購入予定」
フラウ「待て」
メイ「36個……リアルマネーで一つ150円やから、計5400円やね」
ミナファ「5000円分一気にSHOPPOINTチャージすると500円分ボーナスが付くから、実際かかる資金は5000円ぴったりかな」
メイ「なるほど。お得やな」
フラウ「っていうか1.5倍課金してたよね!? ついでにその数、すでに結構課金済みだよね!!?」
ミナファ「もう20個くらいは軽く消費済みかな」
メイ「52個として150×52で7800円か。高い買い物やね」
フラウ「このネトゲ廃人がァー!!!」
ミナファ「私に怒られても……っていうか他のみんなからイベント報酬のPDつくーるもかき集めたから、実際は5000円しか課金してないって。合計1万円」
フラウ「十分高いわっ!! まったくどんだけやり込むつもりなんだか……」
ミナファ「イーストPDD(※)だと、106→107でも1時間6.5%前後、109→110でも1時間5%前後稼げるから、1日10時間を達成し続ければ2日で1レベルいけるらしいよ」
※PDD=プライベートディメンションダンジョン の略
メイ「106から、7,8,9,10であと4レベルやから、8日間……アイテムでなく公式イベントの1.5倍が終わる次の日くらいには完了する計算やね」
ミナファ「少し調整して13日(金)のメンテまでには110達成するつもりらしい」
ペリドット「(……バカだ)」
フラウ「元々はギリギリだったのを1週間も余らせる気か……」
ミナファ「まあぶっちゃけ、普通に狩ると半分以下のペースになっちゃうから結局無理だったかもね」
フラウ「リアルマネー使い果たして上げる意味って一体……」
ミナファ「『初回限定プレミアム版のエロゲーを1本買ったと思えば対した出費じゃない』って管理人さんが言ってた」
ペリドット「(……アホだ)」



フラウ「で、結局状況報告だけなの?」
ミナファ「んにゃ、本題はこれから」
フラウ「ほほぅ」
ミナファ「というわけで、エアちゃんいらっしゃーい!」
エア「は、はい、ぬし様……」

ツクヨミ様の存在感

フラウ・メイ「なん……だと……!?」
ペリドット「(あ、カワイイ)」
エア「ぬし様、着慣れないものでなんだか少し恥ずかしいです……」
ミルフィ「な、何をカマトトぶってますか! 前に登場した時は軽くぶっ壊れかけてたくせに! 贈り物一つでミナファ様の物になれたと思ったら大間違いですよ!」
ミナファ「可愛いよねー、この衣装。黒騎士や双子水着や杏セーラーの時は高くて手が出なかったけど、今はよそ者行商人で荒稼ぎ出来るし、倉庫のこやしを買い取ってくれそうな露店も見つけたもんだから一気に稼いで買っちゃった」
ペリドット「(ご主人様もいい加減スルースキル高いなぁ)」
メイ「でもこれ、アップタウンで10Mとかで見た気がしたんやけど……」
フラウ「高っ!? ゲーム内でも散財する気!?」
ミナファ「ノンノン。そこは抜かりなく」

羽衣!
※プライバシー保護のため名前表記は塗りつぶしてあります

ミナファ「露店の豊富なアップタウンで最安露店を探すなど常識中の常識!」
ペリドット「(何で検索は『イリス』なんだろう……)」
ミルフィ「流石ミナファ様、完璧です!」
フラウ「は、半額! ……でも結構高いけど」
エア「このような高価な物をわたくしなどに……ぬし様、ありがとうございます」
ミナファ「いいのいいの。それにしても華やかで可愛げもあっていいなぁ。うん、やっぱいいよ。抱きしめてもいいかな? ぎゅーっ」
エア「ぬ、ぬし様……(あ、ぬし様の胸柔らかい)」
ペリドット「(どこからか邪気を感じる……)」
ミルフィ「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ーーーーー!!」
フラウ「そろそろ女の子が出していい悲鳴じゃなくなってるから落ち着こうねミルフィちゃん」



ミルフィ「取り乱しました」
メイ「いつものことやけどな」
ミナファ「ぎゅー」
エア「ほぅ……」
ミルフィ「ミ、ミナファ様! 私も何か出来ることはありませんか! 歌だって歌えますし頑張れば踊ったりも出来ますよ!」
フラウ「見事にミァルちゃんと出来そうなことが被ってるよね」
ミルフィ「ぐっ……な、なら戦闘の支援でも!」
フラウ「今はブーストが相棒だから無理だと思うな」
ミナファ「それ以前に支援する前に一撃死だと思う……」
ミルフィ@ほぼ無成長「うぐ……で、では他にお困り事はありませんか!?」
フラウ「あっても特に手伝えることは無い気が……」
ミナファ「困り事かぁ……うーん、強いて言えば……」

削りきるべきか否か

ミナファ「武器(主にレヴァ剣)が神速で削れていくんだけど」
ミルフィ「それはどうにも出来ません……」
フラウ「レヴァの最大耐久度って35だったよね」
ミナファ「これでも30日の更新時には30以上あって、何もこの1本だけ使ってるわけでもないんだぜ……」
フラウ「属性切り替える必要があるから、右手憑依は出来ないんだよねー」
ミナファ「無属性じゃ両手剣でも火力足りないし、なんでレベル高い相手でもないのにこうガリガリ削れていくんだか……」
メイ「攻撃回数が多いからやないか?(敵のHP的に)」
ミナファ「ですよね」


ミルフィ「ところでさっき話に出て思い出したのですが」
ミナファ「うん?」
ミルフィ「ミァルの姿をここ最近見ないのですが、どうかしたんですかね。ミナファ様のように、一人で遠くを旅して回るようなタイプではなかったと思うのですが」
ミナファ「あー、ミァルちゃんなら……」
ミルフィ「?」
ミナファ「半ば強制的に、魚臭い倉庫で夜陽と一緒にひたすら荒稼ぎしてる」
ミルフィ「……ミァル。今回だけは同情してあげます……」





おまけ:本日の1場面と羽衣藍スナップ

自然物の布陣
ロックがデクライズとリフ壁で守り、ツリーがひたすら魔法を連射して攻撃する完璧な布陣。
※自然物です(本来は)


月乙女
なかなか良い絵が撮れたと思う。




えぴそーど15  血で血を洗う一週間が始まる(狩り的な意味で)  終

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遮無

Author:遮無
※旧ブログ
整理中につき完了まで放置状態

最近の記事
ブログ内検索
タグ

お知らせ 艦これ メルスト ECO 迷いの森の冒険譚 月刊5-5 雑記 

カテゴリー
最近のコメント
旅の扉(リンク)
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード