FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えぴそーど17  運命の日

月羽「さあついにやってきました、SAGA11実装当日!!」
ルーネ「今回は興奮冷めやらぬうちにということで、本日のイリスカードは無し」
月羽「私たちのトークも寂しいですが手短に! ということで!」
ルーネ「さっそく本編をお楽しみ下さい」
月羽「なんだかんだでいつも通りだとは思うけどねー」



まあ、その通りですが。
そんなわけで、実装直前更新です。
ついでにブログの記事整理等を行いましたがその辺りはまた別の記事で。
ではでは、SAGA11に期待しつつこちらも楽しんで頂ければ幸い。


帰還
ミナファ「ただいまー」
フラウ「あ、おかえりー。どうだった?」

110よりは楽だった

ミナファ「問題なし」
フラウ「よくやるねぇ……」
ミナファ「ぶっちゃけ公開された情報を見るに、上げなくてもよかったっぽいけどまあいいや」
フラウ「そうなの?」
ミナファ「転生した時点で二次職までで取得可能LVに達している全スキルが使用可能になるみたいだし、ドミ界のスキルはエミル界に依存するから、必然的に同じように使用可能になるよね」
フラウ「なるほど」
ミナファ「まあ、実装されてない以上は当然推測も入ってるから、万全を期すに超したことはないけど」
フラウ「そういえば斧の方は? 110武器に出来たの?」
ミナファ「うむ、それは――」

実際見ると想像より大きい

ミナファ「出来た。超ギリギリで」
フラウ「おおう」
ミナファ「ラハブ箱18個くらい開けて、最後の1個で異端の霊玉(赤)が出て成功してくれたよ。最初にやった法の断片90枚分は全部失敗したけど。やっぱ異端じゃないとダメだね」
フラウ「運が良いのか悪いのか……」
ミナファ「ついでに試し切り」

柄の先の方を持って振るえるのは超怪力

フラウ「剣の時より若干威力が高いような……」
ミナファ「気のせい気のせい。ほぼ最大ダメージが出てるからそう見えるけど。破壊感はこっちの方が断然上だけどね」
フラウ「それ必要?」
ミナファ「かなり重要」
フラウ「ああそう……」



休憩タイム
ミナファ「ともあれ、あとはメンテ終了を待つのみ、ってね」
フラウ「メンテ終わったら転生と転生後でまた一暴れ、いや二暴れか……何とも忙しないね。ともあれ――」
ミルフィ「ミナファ様!! SAGA11実装記念にキスというのはいかがでしょう!!」
ミナファ「いやいや、記念になってないからソレ」
ミルフィ「何を言っているんですか! 十分記念じゃないですか、極上至福のマウス・トゥ・マウスですよ!」
ミナファ「ミルフィちゃんがね」
エア「ではSAGA11記念にわたくしのことをぎゅーっと抱きしめて頂けませんか? この前のように」
ミナファ「それも全然違う気がするけど、まあそれくらいなら……」
ミルフィ「みるふぃぱーんち☆(メキッ」
エア「ぐはっ!?」
ミルフィ「騙されてはいけませんよミナファ様! この猫被り猫は抱っこにかこつけてミナファ様の慎ましい胸の感触を愉しもうとしているのですから!」
エア「そそそそそそそそんなわけありません!」
ミルフィ「そんなわけあります! この前だって抱きしめられながらいやらしい笑みを浮かべていたのをしっかりと見ていたんですからね!」
エア「失礼な! 私は貴女と違って純粋にぬし様の感触に癒されていただけです! いやらしく見えるのは貴女がいやらしいからに決まっていますわ!」
ミルフィ「むっつりな癖して純粋とか片腹痛いですね! それに貴女こそ失礼ですよ! 私だって純粋にミナファ様を愛しているだけなのですから!」
エア「ことある事にキスをねだってみたり襲おうとしてみたりすることのどこが純粋なのかわたくしには分かりかねますね!」
ミルフィ「純粋に愛の行為を望んでいるだけです! 貴女はいい加減、裏からこそこそ手を回そうとするのをやめたらいかがですか!」
エア「そういう貴女はもう少し慎ましやかになるべきかと思いますが!」
ミルフィ「ぐぬぬぬぬぬ」
エア「むむむむむむ」
ミナファ「はー……やれやれ」

ぎゅっ
エア「わっ」

ちゅっ
ミルフィ「ひゃ」

ミナファ「はいはい、喧嘩はそこまでね。お祭り気分で騒ぎたいのもわかるけど」
エア「あ、ぬし様の……」
ミルフィ「ほっぺちゅー……これはこれで……」
ミナファ「……今度はやたら静かになったな」
フラウ「そーゆーことするからこうなるんだよ」
ミナファ「だって放って置いても収まりそうになかったし……」
フラウ「どっかの誰かさんみたいに天然ジゴロとか言われても知らないよ?」
ミナファ「アーアーキコエナイ」
フラウ「まったくもう……」
ミナファ「ああ、そういえば」
フラウ「ん?」
ミナファ「さっきフラウ、何か言いかけてなかったっけ?」
フラウ「あー……改めて言うほど大したことじゃないよ」
ミナファ「そう? まあそう言うならいいけど」
ペリドット「(…………)」


ミナファ「で、なんだかんだのうちにもうじきメンテも終わるかな」
フラウ「まだ若干早いんじゃない?」
ミナファ「早起きは三文の得、ならぬ、即行動は3Gの得。というわけで準備も兼ねて行ってくるよ」
エア「ああ、もう行ってしまわれるのですか……」
ミルフィ「うう……ミナファ様とゆっくり出来る時が少なくてミルフィは寂しさ全開です……あ、でもほっぺちゅー貰えたから少しマシかな……」
ミナファ「じゃあ行ってくるねー」
フラウ「あー……」
ミナファ「?」
フラウ「……今までお疲れ様、それとこれからも頑張って」
ミナファ「……もしかしてさっき言おうとしてたのってそれ?」
フラウ「まあ……今更だけどさ」
ペリドット「(ニヤニヤ)」
ミナファ「っんん~~~! ありがとフラウ!(ぎゅ)」
フラウ「そういうのはいいから! はいはい行ってらっしゃい!」
ミナファ「えー、なんだよもー。それじゃ、行ってきまーす」



フラウ「………………」
ミルフィ・エア「(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ)」
フラウ「あー……だから言いたくなかったのに……」
メイ「でも言ったんやね。ご主人様想いやね」
ミルフィ・エア「……なるほど」
メイ「なんか納得されとるで」
フラウ「うーわー……」
ペリドット「(南無)」





おまけ:110両手斧『断罪斧・レヴァイアサン』ステータス
※画像には繋ぎなどの編集を施しています

海の悪魔
断罪の一撃




えぴそーど17  さて次回はあの娘が登場だ……   終

テーマ : エミルクロニクルオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遮無

Author:遮無
※旧ブログ
整理中につき完了まで放置状態

最近の記事
ブログ内検索
タグ

お知らせ 艦これ メルスト ECO 迷いの森の冒険譚 月刊5-5 雑記 

カテゴリー
最近のコメント
旅の扉(リンク)
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。