FC2ブログ

えぴそーど18オマケ ジョーカー&ファイター系編

クロニクルジョブと新スキルなどについての当てにならない考察。
予想以上の労力になったので、何回かにわけてぼちぼち進めることにします。
割と大変だけどこういう考察は好きなので楽しいです。
もっとも、自分で試してないだけに予想などが多く含まれるのは考察としてはどうかと思いますが、まあ所詮オマケということで。


今回はノービス三次職のジョーカーと、F系三次職です。
※23日、一部追記・修正

※一連の考察記事は以後更新されませんので、最新の情報や実証結果とは異なる場合があります。ご了承下さい。


関連記事
>>だらだら編えぴそーど18 覚醒の刻
>>えぴそーど18オマケ スペルユーザー系編
>>えぴそーど18オマケ バックパッカー系編


考察といっても、実際見たり試した物は少ないので、役に立たない参考程度に。
よそで見た情報とかを元にしてる部分も多いです。
ちなみにステータスで何周分とか言ってるのは、ボーナス値のことを言ってます。
例えばSTRなら9の倍数で最小ボーナスが入るので、9と18の差が1周分です。
ステータスが高いほど差は大きくなる傾向にあるので何周と言っても具体的な差は計りにくいのですが、大体は一周でATKなどに20~30程度の差が出ると思って下さい。





○ノービス三次職 『ジョーカー』

全てがフラットに上がる勇者補正。HP、MP、SPの係数も全て3とフラットな模様。しかしこの係数はなかなか強力で、HP係数3はダークストーカーと同じ数値、MPは二次職中最高のエレメンタラーが2.4なのでそれ以上、SPは二次職中最高のガンナーが2.3なのでこれも大きく上昇。ステータス次第ではLV30の時点でSPやMPが500に到達してしまうかも。ノービスと比べて強いのは当然ですが、他の三次職と比べても並び立てる強さになったのは間違いないでしょう。

取得スキル構成

ジョーカーストライクとフルウェポンマスタリーをそれぞれLV3に。一確狩りを考えないなら、フルウェポンをLV5まで上げてストライクをLV1止めもあり。
フルドレッサーはLV30時点では恩恵があまりにも薄いので必要ないでしょう。
補正の付く職装備などが出始めるLV35、LV45辺りになってようやく使える感じです。
スキルPの余裕もありませんので、キャップが開放されてから取ればいいと思います。


スキル1 『ジョーカーストライク』

LV5で340×8=2740%と、まさに必殺奥義の威力。
武器種別も選ばず、素手でさえ発動出来ます。
遠距離武器を使った場合の射程変化については今のところ不明。
ただし消費SPや詠唱も重く、指定倍率で指定回数だけ通常攻撃を行うスキルなのでLV30のステータスではモーションディレイもひどいことに。
LV3の260×4=1040%が、ブレマス奥義百鬼哭とほぼ同等の威力を誇るので、ひとまずそれくらいまで上げておけば困りません。
なお、LV1は180×2と弱めですが詠唱が無いという特徴があります。

スキル2 『フルウェポンマスタリー』

様々な武器を装備出来るのはもちろん、武器種別を選ばすATKとHITが上昇するのが嬉しいところ。オマケでクリティカル率も上がるサービス満点仕様。
攻撃スキルであるジョーカーストライクも武器種別を選ばないので、両手剣を使うことも銃を使うことも思いのまま。
近距離武器ならSHIT、遠距離武器ならLHITがちゃんと上昇します。
マスタリー系のスキルなのでLV5まで上げたいところですが、ジョーカーストライクのLVも上げたいのでそれに合わせるのが無難でしょう。
LV1でも強力な補正を誇るので、どうしてもジョーカーストライクLV5が欲しいならLV1止めにしてしまっても問題はないかと。

スキル3 『フルドレッサーマスタリー』

職装備などが目立ってくるLV35以降でないと意味が無いスキル。
LV30時点では、これ無しで着られる装備をしてれば十分でしょう。
後々に装備品の選択肢が増えてから初めて効果を現すスキルです。




○ソードマン系列三次職 『グラディエイター』

高いSTR補正と、ブレマスをさらに上回る高いHP補正を持ちます。
VITよりもAGIがやや上回って上がりますが、決してVITが低いということはありません。二次職と比べれば全ての能力が上回っています。
ブレイドマスタリーによって、剣や斧装備時の攻撃力はまさに鬼神のごとく。
HP上昇は強力なので、HPコミュニオンはぜひ欲しいところです。

取得スキル構成

ブレイドマスタリーをLV5にし、HPコミュをLV1止めにするのが妥当でしょう。LV1でも600上がるのでそれなりの効果はあります。
PTをよく組むなら、マスタリーをLV3で止め、コミュをLV3くらいまで上げるのもいいと思います。
HPコミュは最大でHP+1500らしいので、コミュLV5にして支援特化もありでしょうか。元々火力はある職なので、PTならばそれほど火力不足とは思わないでしょう。
専用スキルのグラディエイターは、低LVのうちは使い勝手の悪いスキルなので、実用的なスキル構成を狙うなら取る必要はありません。
もし専用スキルという魅力に惹かれたようならば取得も一考ですが。

スキル1  『ブレイドマスタリー』
剣と斧のATKとSHITがガッツリ上がる便利スキル。
火力命の職として外せないスキルでしょう。
最大LVまで上げれば、STRやDEXを2~3周上げたくらいの差が出ます。
クリティカル率も上がるので、両手剣と合わせると凶悪なことになりそうです。

スキル2  『HPコミュニオン』
最もあって困らないステータスがHP。
というわけでPT限定ですが強力なスキルです。
LV1でも600上昇するので、状況やスタイルに応じて好きなLVを取るといいでしょう。
狩りだけでなく攻防戦でも非常に重宝します。

スキル3  『グラディエイター』
各職に1つはある、職と同じ名前の専用スキルです。
一定時間カウンター効果というスキルなので、AGI型推奨。
ですが、攻撃を受けて効果を発揮するものなので、低LVAGI型で有効活用するのは難しいでしょう。
AGI型でもある程度のHPが確保できる中盤以降では、剣DCなどと組み合わせれば強力なスキルとなりそうです。
一方で、スキル主体のVIT型とは相性が悪いでしょう。
なお、フェイントで打ち消されるので一応覚えておきましょう。




○フェンサー系列三次職 『ガーディアン』

守護者の名の通り、ただでさえ高かった耐久力がさらに上がります。
いずれは、強化装備や魂、イリスの効果など無しの素の状態でさえ、HP1万を超えることすら可能になるのではないでしょうか。
VIT型にすることで恐ろしい耐久力を持ちますが、元々高い耐久力を生かして、耐久力もあるAGI型にするのもありだと思います。
専用スキルは移動出来ないことを除けば超性能ですが、やはり高LVで真価を発揮するタイプです。

取得スキル構成

ピアッシングマスタリーをLV5にし、DEFコミュを1止めが妥当でしょうか。
あるいは、DEFはバリアとサンバで楽に上げられるので、専用スキルのガーディアンをLV1で取るのもありだと思います。
コミュもガーディアンも、マスタリーのLVを下げてまでLVを上げる価値は、今のところはないでしょう。
ガーディアンは、高LVになる頃にはLV5にするといいかもしれません。

スキル1 『ピアッシングマスタリー』
細剣と槍系武器のATKとSHITが大幅上昇します。
迷わずLV5まで上げて問題ないでしょう。
こちらもクリティカル率が上がるのが嬉しいところ。

スキル2 『DEFコミュニオン』
上昇量が不明ですが、低LVの方が重要性は高いと思います。
というのも、高LVになればディバインバリア+サンバで簡単にDEF100に到達出来てしまうからです。
低LVのうちに高DEFを目指すなら取るのもありでしょう。
PTで協力して、バリア+サンバ+DEFコミュなどすれば、LV30時点で絶対防御(DEF100)に辿り着くことも可能かもしれません……必要性は分かりませんが。

スキル3 『ガーディアン』
移動すると効果が切れるという大きな欠点こそありますが、防御・魔法防御が大きく上昇する上にほとんどの状態異常に耐性を持つというとてつもないメリットもあります。
まさに「盾」としてのスキルですが、低LVのうちはそこまで酷い火力を持った敵や状態異常を連発する敵がいないので、高LV向けのスキルです。
今のうちは取得を見送るか、低LV止めで十分でしょう。




○スカウト系列三次職 『イレイザー』

ただでさえ高かった回避力の強化に加え、高い攻撃力も持つことが出来る可能性を持ちました。
爪と短剣だけでなく、コマンドでの銃も生かせる他、専用スキルのイレイザーが強烈な効果を持ちます。
しかし、嬉しいところはHP係数の上昇でしょう。
詳しくどれくらい上がるか分かりませんが、回避しきれない相手や魔法に対する耐久力はどうしてもHP頼り。
今までの回避に加えて耐久力も上昇したイレイザーは、今まで以上に前衛として前に出ることが可能になったことでしょう。

取得スキル構成

トータルコンバットマスタリーもぜひ取りたいところなのですが、専用スキルのイレイザーが除算・減算DEF共に無視という強力凶悪スキルらしいので悩むところです。
AVOIDコミュニオンは、PTを組めば回避率の低さは目立たなくなることが多いので、マスタリーとイレイザーを優先していいと思います。
イレイザーの性能に合わせて取得LVを考えればいいでしょう。ただし、マスタリーは最低でもLV1を取得しておきたいところです。

スキル1 『トータルコンバットマスタリー』
爪、短剣、銃のATKとHITとクリティカル率が大幅上昇します。
爪や短剣ならSHITが、銃ならLHITが上がります。
投擲は適用外のようなので、投擲型だったアサシンは銃に乗り換えるといいでしょう。
最低LV1でもいいので取得はしておきたいスキルです。
もちろん、スキルポイントに余裕が出てきたら最大LVまで上げたいところ。
なお、体術系スキルの性能も上がるので、体術も絡めて戦闘することの多い銃型にはより重要性が高くなってくると思います。

スキル2 『AVOIDコミュニオン』
近距離回避と遠距離回避が大幅に上がります。
とはいえ、ある程度食らってもPTに回復職が居れば問題ないので、他のコミュニオンと比べて重要性は低いと言えるでしょう。
少人数PTで回復職が居なかったりする場合には悪くないかもしれませんが、何にせよ限定状況じゃなければ大した効果にはならないと思われます。
低LVのうちの回避力底上げとしてはいいかもしれません。
ただ、上昇量だけ見ればとんでもない(LV5で+300)ので、いずれスキルポイントに余裕が出来れば取得しておきたいものかもしれません。

スキル3 『イレイザー』
かなり凶悪な性能を誇る専用スキル。迷わず取得したいところ。
移動力低下する代わりに、敵の除算・減算両方のDEFを無視します。
LV1でさえ60も無視し、LV5になれば100を無視します。実質、相手は防御力0になります。
バリアとサンバでガチガチに固めたサラやドル、元々の除算DEFが90以上あるイケドラにも、他の補助無しで楽々とダメージが通るようになります。
マスタリーをLV1止めにしてでもLV5を取る価値はあると思います。
序盤の序盤ではあまり役立ちませんが、三次職の強さならすぐに中盤の狩り場も見えてくるので、実用性ではトップクラスのスキルです。
イレイザーと高倍率スキルを駆使することで、どの職よりも早い内に高LV狩り場での一確狩りを可能と出来るかもしれません。




○アーチャー系列三次職 『ホークアイ』

他のF系と比べて派手さはありませんが、二次職までの能力が高い方なので、それが底上げされたと言えば十分な強さを持っていると言えるでしょう。
超火力など派手さを持っていた二次職までとは対照的に、コミュニオン、専用スキル共に縁の下の力持ちのような「支える強さ」を持っています。
また、ドミニオン界のJOB制限でも主要攻撃スキルのバラージが使用出来る(アローがLV5、ショットがLV8)のが強みです。名射手の構えもLV3スキルなので有効で、低JOBでも力を発揮出来るのは嬉しいところです。

取得スキル構成

シューティングマスタリーはぜひとも取りましょう。
また、専用スキルのホークアイが追加ダメージスキルなので、そちらの性能と相談して取得LVを調整するのが良さそうです。
HITコミュニオンは、精密射撃が使えるホークアイ本人には重要性が低いですが、PT支援としては高い性能を誇ります。
ですが、今のうちは必要性が薄いでしょう。LVで攻撃が当たりにくい敵や、高回避の敵と戦う機会が多くなってから取得を考えれば十分です。

スキル1 『シューティングマスタリー』
銃系武器と弓系武器のATK、LHIT、クリティカル率が上昇します。
時にはグラディエイター以上に火力命なホークアイとしては、クリティカル上昇は嬉しい限り。
取得スキル構成でも言った通り、専用スキルと都合を合わせてLVを上げていきたいところです。

スキル2 『HITコミュニオン』
元々命中率には定評のあるホークアイ自身には必要性が薄い、支援スキル。
PTのHITが大幅上昇します。もちろん、LHITだけでなくSHITも上がります。
やはり、中盤以降で効果を発揮するスキルでしょうか。

スキル3 『ホークアイ』
追加ダメージを得るスキル。移動すると効果が切れてしまうので、長い射程を生かして戦いましょう。
詳しい追加ダメージ量は不明ですが、地味ながらも凡庸性に優れ、多くの場面で効果を発揮してくれるであろうスキルです。
専用スキルは癖の強いスキルが多いですが、このスキルはベースレベルやバトルスタイルに関係なく安定した効果を持っていると言えます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遮無

Author:遮無
※旧ブログ
整理中につき完了まで放置状態

最近の記事
ブログ内検索
タグ

お知らせ 艦これ メルスト ECO 迷いの森の冒険譚 月刊5-5 雑記 

カテゴリー
最近のコメント
旅の扉(リンク)
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード